オフィス移転はとても大変なこと

会社で仕事をしていると、そのオフィスの環境はとても大切なものとなります。そういったときに、もしそのオフィスが移転するとなると、会社の規模にも関わるかもしれませんが、とても大変な作業であることをご存知でしょうか。その大変さを乗り越えてまでの移転の意味、例えば今いるところをどうしても出なければならなくなった、そしてもっと環境のいいオフィスになるからといった理由がなければ、簡単にやることを決定してはいけないのではないでしょうか。というのも、仕事をしながら移転準備をし、業者にも入ってもらったり、会社としても莫大なお金を用意しなければなりません。従業員の負担だけでなく、会社のお金の問題もしっかりと考えた上で、決定し、行動をしていかなければなりません。オフィス移転は大変ですし、落ち着くまでも時間がかかります。

オフィス移転は引っ越準備が大変です

オフィス移転の場合準備が大変でした。手続き等も多くきちんとスケジュールを立てて置かないと進みません。電話回線、光熱費に関する手続き、登記簿謄本、下請け業者及びお客様への移転の通知、その他多くの事があります。とにかく電話回線に付きましては、引っ越し前に工事をしてもらう事です。移転前の電話番号は、しばらくの間新しい場所に転送出来る手続きを取って置くと便利です。引っ越しの業者には、予め早めに予約を取っておく事です。移転先の通知に付きましても、少し早めに準備して、郵送又はファックス、メール等で伝えておいた方が良いです。オフィスの規模にもよりますが、広い場合は、引っ越しは2回位に分けたほうのが、整理しやすいです。全て1度ですと、何から手をつけていいか分からなくなってしまいます。急な移転の場合は別ですが、前もって解っているのなら、早めに準備して置く方のが後々楽です。

オフィス移転を決めたら早めに計画を立てよう

オフィス移転や事務所の引っ越しなど、普段の引越しと違い様々な準備が必要になってきます。移転を専門とする業者に依頼されるケースが主ですが、その業者の数も年々数が増えており、どの業者にするかを比較、検討する事が大切です。比較するポイントとして、どのようなサービス内容があるのかをチェックしていくと良いでしょう。引っ越し手続きだけでなく、スケジュール管理、レイアウトやデザイン提案、さらには内装工事まで請け負っている業者もあります。そしてオフィス移転全体で掛かってる料金を確認しましょう。運搬量や距離によって異なってくるので、始めに相見積もりを依頼してから決めましょう。何より重要なのがオフィス移転を考えだしたら早めの計画を立てる事です。移転先が決まってから最低でも2ヶ月以上は見ておくようにしましょう。規模が大きくなればなるほど期間も長くなるので、その場合は一年を通して検討されても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です